忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パドックでは、馬を近くで見ることができファンにとってはたまらない場所です。
競走馬が走る前にパドックを数周回ります。観客席からレース前の馬の最終状態を確認することができます。
パドックで歩くことで馬も興奮状態を落ち着かせることができます。
また最後の一周は騎手が乗るため、レース直前の馬と騎手の状況が把握できる大切な場所になります。
どんな馬券を買うか最終的にパドックを見てからという人も多いのではないでしょうか。

パドックの大きさは競馬場により大きさや長さが異なります。
夏競馬が行われる競馬場はパドックが小さいため、馬までの距離が近い場所が多いのも特徴です。

ではパドックでどんな点に注目すればよいのでしょうか。
一番大切なのは馬の状態をチェックすることです。
最初のうちはどの馬も同じに見えますが、慣れてくれば馬の状態や変化がわかるようになります。
極度に緊張している馬は発汗やよだれなどがひどい場合があります。
あまりいいレースは期待できません。
夏競馬の新馬戦では情報が少ないので競走馬の体の変化を見るのも大切です。

また、情報としてパドックでわかることに馬の体重の増減があります。
多くの人が体重の増減は三連単などの馬券に反映させているはずです。
あまりに体重の増減が大きいと好走に期待が持てません。
しかし、好走レースの時と体重が近い場合は、いい状態にある可能性が高いのです。

人間同様、その日によって状態も違い、場所などによっても影響が出てきます。
人気馬であっても、興奮状態の強い馬は三連単などの勝負は避けたほうがよさそうです。
PR
HOME
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
フリーエリア
競馬と馬券について

イギリスのブックメーカーが競馬から発生したようにギャンブルとのつながりが深い。イギリスにおいてはサッカーに次いで発売金額が多いスポーツであり、また、ギャンブルが禁止されている国においてもイスラム圏を除き競馬は例外的に認められている。日本では競馬では、主に勝馬投票券(馬券)が発売されており、行っている者からしてみれば「スポーツ」であると同時に、観戦者からしてみれば、勝馬を予想して金を賭ける「ギャンブル」である。勝馬を予想する行為は、古くから行われており、日本でも洋式競馬が導入されて19世紀から既に馬券があったことは歴史の項目でも触れたことである。勝馬を予想する方法については、古くからさまざまな模索がなされてきた。競馬新聞や馬券予想会社など、金銭と引き換えに他人に自分たちの予想を教える人たちもいる。また、自分が考え出した予想の方法を著作として出版する場合もある。(予想 (競馬)を参照)。

馬券を購入するにはつぎの場所や方法がある。

・開催中の競馬場(本場)や開催していない競馬場での場間場外で購入する
・WINSなどの場外勝馬投票券発売所で購入する
・電話投票会員となり、電話やインターネットを利用する

最近では競馬への参加をより容易にし、ノミ屋などの私設馬券販売を防止するために、3.の方法の拡大をすすめている。なお、馬券は未成年者は購入できない。(2005年1月、法改正により従来禁止されていた20歳以上の学生の購入が可能になった。)

ちなみに、競馬についての規制は国ごとに以下のように異なっている。
・アイルランドでは馬券は老若男女購入できる。
・18歳未満は競馬場の入場・馬券購入禁止:香港、シンガポール、マレーシア、タイ
・18歳未満は馬券購入禁止(保護者同伴であれば競馬場への入場は可能):南アフリカ共和国
・20歳未満は馬券購入禁止(保護者同伴であれば競馬場への入場は可能):日本
・21歳未満は馬券購入禁止(競馬場への入場は不明):フィリピン
・州によって異なる:アメリカ合衆国(馬券の発売が禁止されている州もある)
・宗教的な理由により馬券の発売が行われていない:アラブ首長国連邦(馬券の代わりに、イベントとして複数のレース(最高9競走)の1・2着馬を予想し、ポイントに換算して最高成績の者に景品が当たるプレイカードが配布されている)

(wikipediaより引用)
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
fukakusaweb
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 競馬いろいろ情報ブログ|三連単 All Rights Reserved